社会資本の整備に力を注ぐ

NEWS

20/10/26 北海道盲導犬協会に寄付いたしました
19/07/01 豊松吉工業株式会社 行動計画
19/02/26 平成31年 豊松吉工業行動計画
18/10/30 北海道盲導犬協会に寄付いたしました
18/10/22 精進川公園の清掃活動を行いました
18/10/03 安全パトロールを実施しました

SERVICE

当社は、日々進歩する施工技術の発展に応えながら、工事を完成させてきました。 技術者としての誇りが、高い施工管理能力につながり高い評価を頂いております。
技術方針技術・品質・環境監理能力向上のため以下の事項を推進します。
また、技術的に優位な分野への特化と新たな技術推進による競争力アップを目指します。
1.建設CALSに応じた監理サイクルのシステム化
2.技術能力向上のための養成システム
3.社内検査体制の一層の充実
品質マネジメントシステム (ISO9001) 品質方針: 人と資源を活用し、会社一丸となってお客様に喜ばれる質の高いサービスを提供する。
当社は、2002年4月に品質マネジメントシステム(ISO9001:2000)を取得しました。 以来、システムの継続的改善による品質確保に努めております。

  • テキスト

    ケーブルエレクション工法
    市道福住平岸線平班橋架換(上部工)(国債)工事

    「ケーブルエレクション工法」は、鋼橋架設工法のひとつでケーブルを利用し架設していきます。 ケーブルエレクション工法には、「斜吊り」と「直吊り」のふたつの工法があります。 当工事は、両岸に建てた鉄塔から斜めケーブルでアーチ部から先行して架設する「斜吊り」を採用しています。 周囲の景観と調和したすばらしいアーチ橋が完成しました。

  • テキスト

    ワイヤーソー・全周回転型オールケーシング工法
    岩見沢石狩線 岩見沢大橋架換(旧橋解体)工事3工区

    当工事は、橋脚柱を「ワイヤーソー工法」で、基礎を「全周回転型オールケーシング工法」で解体しました。 「ワイヤーソー工法」は、ダイヤモンドワイヤーでコンクリートを切断・分割しブロック状にして、クレーンで吊上げ撤去する工法です。 「全周回転型オールケーシング工法」は基礎にケーシングを回転させながら圧入し、 ハンマーグラブにてケーシング内を掘削してコンクリートを撤去する工法です。 これらの工法の採用により、河川へコンクリート殻の飛散がなく、河川環境を守る事が出来ました。

COMPANY